トップ
TOP

トップ 武蔵学園の取り組み REDプログラムREDプログラムとは

REDプログラムとは

自ら調べた事実に基づいた思考を、ディスカッションによって深め、発展させていく。武蔵学園に息づく 「三理想」 を現代に生きる世代にむけて実践する英語イマージョンプログラム。

参加者がLiberal Arts and Sciencesに英語でアプローチすることを目指しています。

jyugyo020

Liberal Arts and Sciencesは、権威によって知を裏付けるのではなく、議論の中から真理にアプローチする方法です。Liberal arts and Sciencesはまた、応用諸学(Applications)ではなく、基本諸学(Fundamentals)を志向しており、先端的な諸科学の基礎となる知の体系なのです。たとえば、参加者は仮説演繹法(Hypothetico-deductive method)による知へのアプローチを学んでいただきます。

「科学的なものの見方」を育てる

jikken

本プログラムが、特に「科学」を指向する理由は、科学が、民族・文化・宗教によらず、地球人として他国の人々と共有することのできる知識と教養の体系だからです。参加者には、日常の中等教育において日本人として十分な教養を身につけていることを前提に、さらに当プログラムにおいて地球人としての教養を深めることを求めます。

英語を学ぶのではなく、英語で学ぶ

about_red2

本プログラムは、英語イマージョン教育であり、そのテーマは科学です。参加者は、世界共通の知の体系である科学を、共通言語である英語で学ぶことを通じ て、地球人としての知性と教養を身につけることを目指します。日常の中等教育において十分な英語教育を受けながら、並行して本プログラムにおいて「英語で」科学を学ぶ楽しみを体験します。

REDプログラムの学びの流れ

REDを習慣のように身につける:イブニングプログラム
9月から翌年6月までを1年とし、週2回、放課後に通うイブニングプログラムです。授業はすべて英語で行われるイマージョン方式で、広い意味での科学をテーマにRED(Research、Essay-writing、Discussion)を実現します。
集中して科学の探求を楽しむ:サマープログラム
10日間から2週間の夏季集中型のプログラムです。英語漬けの環境で過ごすことにより、短期海外留学に匹敵する高いイマー ジョン効果を実現します。国内キャンプや海外研修等、密度の濃い内容の企画を進めています。

REDプログラムの参加は校外のクラブ

本プログラムでは、参加者が英語圏の大学に直接進学することも想定しています。しかし、いわゆる海外進学のための「塾」や「予備校」とは一線を画しています。競争心をあおって「個」を育成するのではなく、参加者同士が刺激し合い、ともにみんなで成長することを目指すクラブなのです。プログラムの初期においては、参加者に英語でリサーチ、エッセイ、ディスカッションを実践するための十分な能力を養います。次に、様々な知的刺激によって、参加者の学びへの覚醒(Awaken your inner scholar)を促し、プログラム修了時までに海外の同年代の生徒との自由なディベートを実現します。これらを通じて、参加者の立志を促し、彼らが世界の多くの大学を進学の選択肢としていけるよう、実力を向上させるとともに、所要の情報提供を行います。首都圏の様々な中高生の男女が参加受講しています。
to-top