トップ
TOP

トップ 武蔵学園の取り組み 雄飛~世界に飛び立つ君たちのために~高中生向けプログラム

高中生向けプログラム

海外大学の高校生向けサマープログラム紹介

理事 植村泰佳
 
 将来、海外大学に留学または進学してみたいという高校生のために、海外大学の高校生向けサマープログラムを紹介する。英語圏の主要な大学では、殆どどこでも夏季講座を開設して、他校の学生などに提供している。その中には、優秀な高校生を自校にリクルートすることを目的に、高校生向けの講座を提供している大学も多数ある。
夏休みに、こうした海外大学の高校生向けの講座を受講してみるのも、有益な過ごし方の一つではないかと思う。私個人の見解だが、受験直前は知らず、高1、高2の夏休みに塾に貼りついているのは如何なものかと思う。
 さて、上記の高校生向けの講座には二種類あって、英語圏の高校生、あるいは同等の英語力のある高校生が受講することを前提に、大学のアカデミックな内容を体験させるための講座と、(英語圏の大学から見て)海外の高校生が受講することを想定した、国際リーダーシップキャンプや英語力向上のための講座がある。いずれも概ね大学内の施設に宿泊して数週間を過ごすパターンが多い。
 前者は、内容も極めて多岐にわたっており、向上心のある生徒にはとても面白い内容なので、可能であればぜひ受講することをお勧めするが、英語力に対する要求はかなり高く、その意味で受講資格のハードルは高い。むしろ、今から1年後に受講することを目標に、TOEFLEやIELTSなどの英語検定のための国内講座に通うことから始めるのもよいかもしれない。
 一方、後者は、もともと(彼らから見た)海外高校生向けに設計されているので、今すぐ今年夏に渡航を希望する生徒は、こちらを目指すことをお勧めする。と、言ってもそれなりの英語力(IELTS5.5程度)は要求されるので、国内で行われている英語検定を受けて自分の実力値を検証してみたほうが良いかもしれない。
前者、後者によらず、今年夏の講座の申し込みは、遅くも5月頃にクローズするものが多いので、注意が必要である。また、講座によっては特殊な就学VISAを要する場合もあるので、入学要件をよくチェックしたほうが良い。
 
 下記にとりあえず米国、英国の大学の夏期講座のHPから抜き書きを作ってみたので、興味のある生徒、保護者のご参考に供する。が、これはあくまで、手掛かりに過ぎず、詳しくは「自ら調べ自ら考え」ていただきたい。なお、各大学ごとのシートの最下段に記述されているコメントは当方の個人的見解である。

海外大学の高校生向けサマープログラム(393KB)
以上

中学生など比較的年齢の低い生徒を対象とした
海外校のサマースクールなど

さまざまな紹介業者が企画しているが、その中で、海外の高校中学と比較的結びつきが強い業者のサイトを参考までに
ご紹介いたします。

以下URLをご覧ください。
https://www.edicm.jp/school/summer.php

Musashi RED Programs

武蔵学園では、中学生、高校生を対象とした、「英語で科学を学ぶ」イマージョンプログラムMusashi RED Programsを開講しています。

くわしくは、下記をご覧ください。
https://www.musashigakuen.jp/torikumi/red/
このプログラムに関する情報等を随時お届けするメールマガジンにご登録ください。
https://redmailmagazine.musashigakuen.jp/
to-top