トップ
TOP

ニュース一覧「武蔵学園記念室」次回企画展予告(3/19~)

2018.2.28

武蔵学園

お知らせ

「武蔵学園記念室」次回企画展予告(3/19~)

武蔵学園記念室では、大講堂2階の展示室・南側小部屋で、常設展とは別に2022年の創立百周年に刊行予定の「武蔵学園正史」(仮題)を念頭においた企画展を、およそ半年ごとの会期で行っています。ぜひ、お運びください。

【現在公開中の企画展】
 天翔ける自調自考・航空宇宙と武蔵
 ―紫電改、YS11から小惑星探査機「はやぶさ」まで―

■会期:現在開催中~2018年3月2日(金)

武蔵学園出身の航空宇宙関連の開発・研究者にフォーカスし業績や人となりをパネル、写真、模型で紹介。感動を呼んだ小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジンの開発者、戦後初の国産旅客機「YS11」の設計者など、大空と無限の宇宙に夢を託した武蔵生の「自調自考」の物語をご覧ください。


【次回企画展】
 むさしむかし発見!

■会期:2018年3月19日(月)~公開予定

武蔵高等学校中学校の新棟建設に伴う移転整理により新たに見つかった草創期の品々を中心に、写真や絵はがきなどを展示します。

■時間:10:00~16:00 ※12:30~13:30は昼休み閉室、土日・祝日は閉室
■場所:武蔵学園大講堂 2階 (大学キャンパス内、北西にあります)
 東京都 練馬区 豊玉上1-26-1
●交通アクセス ●武蔵大学キャンパス マップ
to-top