トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内植村 泰忠

3代 学園長 植村泰忠

植村 泰忠
(うえむら やすただ)
大正10(1921).4.18-平成16(2004).11.28
東京出身。経団連会長を務めた植村甲午郎の長男として生まれる。武蔵高等学校を経て、東京帝国大学理学部物理学科卒業。昭和38年東京大学理学部教授。理学博士。半導体の理論的研究をおこない、「強磁場下のMOS反転層における伝導現象の理論」で、58年本学士院受賞(安藤恒也と共同研究)。 平成2年学校法人根津育英会武蔵学園長、10年退任。
to-top