トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内吉野 信次

6代 校長 吉野信次

吉野 信次
(よしの しんじ)
明治21(1888).9.17-昭和46(1971).5.9
吉野年蔵の三男として宮城県志田郡古川町で出生。第一高等学校を経て大正2年東京帝国大学法科大学独法科卒業、農商務省入省。昭和6年商工次官就任。11年東北興業株式会社総裁兼東北振興電力株式会社社長。12年商工大臣に就任。13年貴族院議員に勅選される。18年愛知県知事。28年宮城県から参議院議員に当選、30年運輸大臣就任。31年4月大臣在任のまま、武蔵大学学長、武蔵高等学校・中学校校長に就任。32年全国中小企業協同組合中央会会長。34年任期満了により参議院議員退職。昭和40年武蔵の名誉学長・校長となる。大正期に活躍した政治学者・思想家である吉野作造は長兄。
to-top