トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内北条 時敬

北条時敬

北條 時敬
(ほうじょう ときゆき 号・廓堂)
安政5(1858)年3.23-昭和4(1929)年4.27
金沢に北條條助の二男として出生。明治18年東京大学理学部数学科卒業。石川県専門学校教諭。21年第四高等中学校教諭。24年第一高等中学校教諭。29年山口高等学校長。31年第四高等学校長。35年広島高等師範学校長。41年万国道徳教育会議参加のため英国に渡る。大正2年東北帝国大学総長。6年学習院長、臨時教育会議委員。9年宮中顧問官。貴族院議員に勅選さる。若いときから禅を志して「廟堂」を授けられ、「生まれながらの禅者」とも云われた。また西田幾多郎、鈴木大拙、山本良吉(武蔵高等学校第三代校長)の師でもあった。

大正10年-昭和3年根津育英会監事。
to-top