トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内山川 健次郎

山川健次郎

山川 健次郎
(やまかわ けんじろう)
安政元(1854)年7.17-昭和6(1931)年6.26
会津若松の山川重固の三男として出生。明治3年東京の斗南藩学にて英学を学ぶ、4年米国に留学、エール大学で土木工学を専攻して卒業。8年帰国。9年東京開成学校の物理学教授補。14年東京帝国大学教授、我が国初めての物理学教授となる。19年理科大学教授。21年理学博士。30年高等教育会議議員。34年東京学士会院(後の帝国学士院)会員、東京帝国大学総長。36年東京帝国大学名誉教授。37年貴族院議員に勅選さる。40年私立明治専門学校(現九州工業大学)総裁。44年九州帝国大学総長。大正2年東京帝国大学総長再任(大正9年まで)。3年兼任京都帝国大学総長。4年男爵。5年学習院評議会会員。6年臨時教育会議委員、財団法人理化学研究所顧問。12年枢密顧問官。14年中央教化団体連合会会長。著述多数あり。

大正10年-昭和6年根津育英会顧問。大正15年4月-昭和6年武蔵高等学校第二代校長。
to-top