トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内岡田 良平

岡田良平

岡田 良平
(おかだ りょうへい 号・恭堂)
元治元(1864)年5.4-昭和9(1934)3.23

      
静岡県小笠郡倉真村岡田良一郎(淡山)の長男として出生。次弟は一木喜徳郎。明治20年東京帝国大学卒業。23年第一高等中学校教授。26年文部省視学官、文部省参事官。27年山口高等中学校長。33年文部省実業学務局長、万国衛生及び人口会議のためフランスヘ渡る。34年文部総務長官。37年貴族院議員。40年京都帝国大学総長。41年文部次官。大正5年文部大臣となり、臨時教育会議を起こし、多年懸案になっていた学制改革問題についての答申を実行して、義務教育の国庫負担制度の端緒を開く。12年東洋大学長。13年文部大臣。昭和4年枢密顧問官。教育行政に尽くす。社会教育の面では大日本報徳社社長、産業組合中央会の中心人物として、特に農村の社会教育問題に意を尽くした。

大正10年-昭和8年根津育英会顧問。
to-top