トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内一木 喜徳郎

一木喜徳郎

一木 喜徳郎
(いっき きとくろう 号・梁舟)
慶応3(1867)年4.4-昭和19(1944)年12.17
静岡県小笠郡倉真村岡田良一郎(淡山)の二男として出生。長兄は岡田良平。明治6年一木家の養子となる。16年東京帝国大学文学部入学。19年法科大学に編入。20年大学卒業、県治局勤務。23年内務書記官。自費独逸留学。26年帰国し復職。27年法科大学教授。32年法学博士。35年法制局長官兼恩給局長。39年帝国学士院会員。41年内務次官。大正3年文部大臣。4年内務大臣。6年枢密顧問官、臨時教育会議委員。8年臨時教育委員会副総裁、男爵。9年皇典講究所(國學院大学)所長。13年中央教化団体連合会会長。14年官内大臣(昭和8年まで)。昭和9年大日本報徳社社長、枢密院議長。11年内大臣。
大正10年-15年武蔵高等学校初代校長。昭和15年-19年根津育英会理事長。昭和17年-19年武蔵高等学校名誉校長。
to-top