トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内平田 東助

平田東助

平田 東助
(ひらた とうすけ 号・西涯)
嘉永2(1849)年3.3-大正14(1925)年4.14
山形県米沢藩の医官伊東昇廸の二男として出生。安政3年平田家の養子となる。明治2年大学南校に入る。4年ヨーロッパ使節団の一員としてアメリカ経由でヨーロッパ留学の途にのぼる。5年英仏をへてベルリンに至りロシア留学をドイツ留学に変更、この時ドイツ信用組合の発展に関心をもつ。6年ベルリン大学入学。8年ハイデルベルグ大学で学位を受ける。9年帰国、内務省御用掛。10年大蔵省御用掛。12年P・マイエットを顧問として火災保険取調掛を大蔵省に置き、その委員となる。16年太政官文書局長。18年法制局参事官。20年法制局部長。23年貴族院議員。31年法制局長官兼内閣恩給局長、枢密顧問官。33年「産業組合法案」成立に力を尽す。34年農商務大臣。35年男爵。37年産業組合中央会会頭となり産業組合運動の中心人物として活躍。41年法学博士、内務大臣。44年子爵。大正5年学習院評議会会員。6年臨時教育会議総裁として、明治30年代からの懸案であった「学制改革問題」の決着に尽力した。11年内大臣、伯爵。

大正10年-13年根津育英会顧問。
to-top