トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内本間 則忠

本間則忠

本間 則忠
(ほんま のりただ)
慶応元(1865)年8.25-昭和13(1938)年10.10
山形県出身。明治31年東京高等師範学校理科卒業、長崎県師範学校教諭。35年文部省普通学務局第一課長。38年島根県事務官。39年島根県松江市に下女学校を開校(子守女、給仕女等の教育)。41年山梨県事務官。43年鳥取県事務官。大正3年大分県理事官。7年栃木県理事官、視学官。8年文部省事務官。

武蔵高等学校の創立を根津嘉一郎に働きかけ、自ら財団法人根津育英会、武蔵高等学校の設立事務全般にわたり責任者となり尽力した。また、『根津家育英事業』、『学校法人根津育英会』、『本校創立事情記録』等の資料を残した。大正10年-昭和3年根津育英会理事。

大正13年富士見高等女学校(北豊島郡中新井村字中)の設立認可を受け、同年4月に修業年限4年の高等女学校として開校した。9月文部省依願免官。13年10月-昭和3年富士見高等女学校初代校長となる。根津嘉一郎、宮島清次郎、正田貞一郎、一木喜徳郎の名が当時の富士見高等女学校の後援者として資料に記録されている(『山崎学園五十年史』)。
to-top