トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内正田 貞一郎

正田貞一郎

正田 貞一郎
(しょうだ ていいちろう 号・痴山)
明治3(1870)年2.28-昭和36(1961)年11.9
群馬県館林の正田作次郎の長男として横浜で出生。明治6年正田家醤油醸造業を始む。24年高等商業学校本科卒業、醤油醸造業に従事。30年館林実業談話会を創立。33年館林製粉設立し専務取締役。40年旧日清製粉を合併。大正2年海外の製粉事情視察のため初の外遊に出る。13年日清製粉社長。昭和4年アメリカ、カナダの製粉業を視察、オリエンタル酵母工業を設立。5年製粉販売組合を組織。6年日本栄養食料を設立。9年日本篩絹を設立。11年日清製紙を設立、朝鮮製粉を設立、以後中国(東北部・河北)に進出、日清製粉会長。15年中外興業を設立。16年財団法人農産化学研究会を設立。17年東武鉄道会長。18年社団法人如水会理事長。21年貴族院議員に勅選さる。30年太平食品を設立。

大正10年-昭和36年根津育英会理事。根津嘉一郎の友人として宮島清次郎と共に武蔵高等学校の創設に尽力し、根津嘉一郎の亡き後も理事として武蔵高等学校・武蔵大学の発展に力を尽くした。美智子皇后の祖父にあたる。
to-top