トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内宮島 清次郎

宮島清次郎

宮島 清次郎
(みやじま せいじろう)
明治12(1879)年1.20-昭和38(1963)年9.6
栃木県安蘇郡植野字飯田で小林庄太郎の二男として出生。明治35年第四高等学校卒業。35年東京帝国大学政治科人学、保証人は片山潜であった。またこの頃犬養木堂と知り合い、政治家を志すが、実業家になることを勧められる。39年同卒業、住友別子鉱業所入社。43年宮島家を継ぐ、東京紡績に入社、事務長、後に専務取締役。大正3年日清紡績専務取締役。6年加富登農麦酒監査役。7年工場進出のため中国視察。8年日清紡績社長。9年日本工業倶楽部理事、上海東亜製麻取締役、遠州織機監査役。10年南洋貿易監査役、日新染布監査役、英米訪問実業団に参加。11年東京市会議員。12年年東京紡績監査役。昭和8年日清レイヨン社長、大日本麦酒監査役、台南製麻取締役。13年国策パルプエ業社長。15年日清紡績会長。28年日本工業倶楽部専務理事。22年日本工業倶楽部理事長。24年日銀政策委員、朝日麦酒相談役。

大正10年-昭和26年根津育英会理事。大正15年財団法人根津美術館理事。昭和26年-38年根津育英会理事長。34年根津美術館理事長。根津嘉一郎の友人として正田貞一郎と共に武蔵高等学校の創設に尽力し、根津嘉一郎亡き後を継ぎ武蔵高等学校、戦後の武蔵大学の経営に力を尽くした。また昭和35年に私財を学園に寄付し(宮島基金)、これは今日でも学園基金の一つとなっている。
to-top