トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 武蔵学園記念室 展示案内根津 嘉一郎

創立者 根津嘉一郎

創立者
根津 嘉一郎
(ねづ かいちろう 号・青山[せいざん])
万延元(1860)年6.15-昭和15(1940)年1.4
甲斐国山梨郡正徳寺村の根津嘉市郎(藤右衛門)の二男として出生、幼名は栄次郎。明治13年東京に出て漢学者馬杉雲外の門に入る。22年平等村村会議員。24年山梨県県会議員。26年有信貯蓄銀行設立。30年東京に分家し、一家を京橋区南鞘町に構える。32年東京電燈監査役。35年東京市街鉄道設立。37年衆議院議員に当選、以後4回当選。38年東武鉄道社長。39年東京鉄道取締役、館林製粉社長。41年日清製粉社長。42年啓成社設立、渡米実業団に加わる。43年富士身延鉄道設立、東京米穀商品取引所理事長、武蔵電気鉄道設立。44年東京商工会議所会頭、啓成社社長、東上鉄道を設立し社長、朝鮮煙草を設立し社長。45年高野山鉄道社長。大正6年日本工業倶楽部評議員・理事、高野大師鉄道を設立し社長。7年初陣の茶会を催す。8年日出セメントを設立し社長、東京紡績を設立し社長。9年東京地下鉄道を設立し取締役、根津合名会社を組織し代表社員。11年南海鉄道、西武鉄道、秩父鉄道各取締役。12年秩父セメントを設立し監査役、富国徴兵保険相互会社を設立し社長、太平生命保険、昭和火災を買収。郷里笛吹川に鉄筋コンクリート製の根津橋を架設す、山梨高等工業学校等の敷地寄付。14年松屋呉服店取締役。15年鉄道同志会会長、大社宮島鉄道を設立し社長、国民新聞社を株式組織とし160万円を投ずる、貴族院議員に勅選さる。昭和2年南朝鮮鉄道を設立し社長、東京地下鉄道取締役、後に社長。7年郷里平等村の根津橋畔万力公園に寿像が建てられる(戦時中に軍に供出、昭和35年に生誕百年を記念して、銅像が再建された)。8年山梨県下各小学校ヘピアノ、人体模型、顕微鏡、ミシンを寄付、ユニオンビールを経営し、エビスビールを合併。9年社会教化、思想善導のため埼玉県朝霞に大寺院を建立せんとして太梵鐘鋳造式を挙行する。その後戦争激化のため大仏の鋳造は中止のやむなきに至り、大梵鐘も後にこれを鋳潰して根津美術館より陸軍に供出。10年日本実業協会会長。14年7月親善使節として南米ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン各国を訪問し、10月帰国。明治から昭和にわたる財界の巨頭として、二十数種の事業に関係した。

大正10年9月、財団法人根津育英会を設立し、360万円を寄付して武蔵高等学校を創設した。昭和15年1月に死去するまで根津育英会の理事長を務めた。

また、若年の頃から古美術を愛好し、その収集を趣味とした。生前から、そのコレクションは著名であったが、没後の昭和15年11月25日「財団法人根津美術館」が設立され、青山の邸宅内にそのコレクションをもとに「根津美術館」が設立された。
to-top