トップ
TOP

トップ 武蔵学園へのご寄付 後援会のご案内後援会会則

後援会会則


(名称)
第1条 
本会は、武蔵学園後援会(以下「後援会」という。)と称する。

(目的)
第2条 
後援会は、学校法人根津育英会武蔵学園(武蔵大学・武蔵高等学校・武蔵中学校−以下「学園」と称する。)の経営を助成し、学園の研究教育の発展充実に寄与することを目的とする。

(会員)
第3条 
後援会は、その趣旨に賛同する個人及び法人をもって組織する。
2.個人会員は毎年1口1万円以上、法人会員は毎年1口20万円以上(ただし、資本金1
  億円未満または従業員50人未満の法人にあっては、1口5万円以上)を、学園に醵金するものとする。
3.前項にかかわらず、2年分以上を一括前納することができる。

(事務局)
第4条 
後援会の事務局は、学園内に置く。

(役員)
第5条 
後援会に次の役員を置く
(1)会長1名 (2)副会長2名 (3)幹事 若干名 (4)事務局長 1名
2.役員の任期は3年とする。ただし、再任を妨げない。
3.会長は、後援会を代表し、会務を総括する。
4.副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、会長があらかじめ定めた順序によっ
  て会長の職務を代理し、会長が欠員のときはその順序によって会長の職務を行う。
5.幹事は後援会の事業及び会員の募集に協力する。
6.事務局長は、後援会の事務を所管する。

(顧問)
第6条 
役員経験者の中から会長が委嘱した者及び副理事長、専務理事、常務理事、学園長、学長、校長を顧問とする。
2.顧問は、会長の諮問に応じ、また意見を述べることができる。

(役員の選任)
第7条
会長は、学校法人根津育英会武蔵学園理事長が、会員の中から委嘱する。
2.副会長、幹事は、会長の推薦に基づき、学校法人根津育英会武蔵学園理事長が、会員
  の中から委嘱する。
3.事務局長は、学園において後援会事務を所管する理事とする。

(役員の待遇)
第8条
役員は、名誉職とする。

(役員会)
第9条
後援会に役員会を置き、少なくとも毎年1回開くこととし、その他会長が必要があると認めたときは、召集することができる。
2.役員会は、会長が招集し、議長となる。
3.役員会は、事業計画などの重要事項を審議する。
4.役員会は、役員の半数以上の出席がなければ、その議事を開き議決することができな
  い。
5.役員会の議事は、出席役員の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによ
  る。
6.役員会に出席できない者は、あらかじめ委任状を会長に提出することができる。
7.あらかじめ委任状を提出した役員は、これを出席者とみなす。

(表彰)
第10条 
会長は、後援会に特に多大な寄与・貢献された者に対し、学校法人根津育英会武蔵学園理事長に、感謝状の贈呈その他適宜の手段による表彰を求めることができる。

(答申)
第11条
会長は、学園への寄付金の使途につき、学校法人根津育英会武蔵学園理事長の諮問があったとき、役員会の議を経て、答申することができる。

(事業年度)
第12条 
後援会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(会則の改正)
第13条 
本会則の改正は、役員会の議決によらなければならない。

(会員への報告)
第14条 
会員には、本会の事業及び学園の状況を報告するものとする。

(委員会)
第15条 
後援会に、後援会会員の拡充をはかるとともに、募金推進活動を行う委員会を設置することができる。
2.委員会の組織及び運営方法は別に定める。

(事務)
第16条 
後援会の事務は、事務局長の管轄の下に、学校法人根津育英会武蔵学園100周年記念事業推進室(後援会・募金事務)がこれを担当する。

附 則
本会則は、2015(平成27年)4月7日から施行する。

昭和50年12月1日 制定 
昭和53年11月21日 一部改正 
平成2年12月11日 一部改正 
平成4年12月2日 全部改正 
平成6年7月13日 一部改正 
平成9年7月7日 一部改正
平成9年11月25日 一部改正
平成12年11月30日 一部改正
平成15年11月18日 一部改正
平成18年11月21日 一部改正
平成24年11月29日 一部改正
平成25年11月22日 一部改正
平成27年4月7日 一部改正
加入のお申し出、お問い合わせは、後援会事務局までご連絡ください
学校法人根津育英会武蔵学園後援会事務局
〒176-8533 東京都練馬区豊玉上1-26-1 TEL:03-5984-3734 FAX:03-5984-4052
E-mail:don@sec.musashi.ac.jp
to-top