トップ
TOP

トップ 武蔵学園について武蔵学園の教育

武蔵学園の教育

建学の三理想

1.東西文化融合の我が民族理想を遂行し得べき人物

2.世界をに雄飛するに耐える人物

3.自ら調べ自ら考える力のある人物

1922(大正11)年に創設された、わが国初の七年制高等学校である旧制武蔵高等学校は「人間形成を根幹に、明日の新しい日本を担う、優れた人材を育てる」という理想を掲げその後の学制改革にともない、1948(昭和23)年に新制武蔵高等学校、1949(昭和24)年に武蔵中学校、武蔵大学となりました。創立から90年以上を経た現在、激しく揺れ動く社会環境の中にあって、創設時に掲げた「建学の三理想」は、今なお褪せない価値をもち続けています。

大学の教育

高校中学の教育

to-top