トップ
TOP

トップ 武蔵学園のあゆみ 百周年記念事業ご挨拶

ご挨拶

根津公一

学校法人根津育英会武蔵学園 理事長
根津公一
武蔵学園の創立者、初代根津嘉一郎は、「自ら考え行動し、誰にも頼らず、責任は自分で取る」という独立心の強い気性の激しい人でした。また、「社会から得た利益は社会に還元せねばならない」という公共心を持ち、世の為人の為の寄付的行為に熱心な人でもありました。1909(明治44)年、嘉一郎は当時新進気鋭の実業人として、渋沢栄一の率いる渡米実業団50人の中に参加しました。この3ヶ月間に渡る大陸往復の視察旅行で、米国各地の名門の大学、高校、中学を訪問し、教育の大切さを実感したものと思えます。教育により、将来の日本を背負う優秀な若者を育てることが最大の社会貢献と考えたに違いありません。それから約10年を経た、1922(大正11)年武蔵高等学校が創立時に掲げた三理想には、そのような嘉一郎の国の未来への思いが込められています。

武蔵学園百周年に向けて、記念事業を進めるにあたり、三理想の現代的意義をもう一度問い直し、創立者の未来への思いを受け継いで参りたいと存じます。

学校法人根津育英武蔵学園 学園長 有馬朗人

学校法人根津育英会 武蔵学園長
有馬 朗人
武蔵学園は、大学、高等学校、中学校が一体となって成立しています。そのすべてが1922(大正11)年に創立された、七年制の旧制武蔵高等学校を母体としています。来る2022(平成34)年は、この旧制武蔵高等学校創立百周年に当りますので、この度武蔵学園百周年記念事業を発足させることになりました。皆様方の御力添をお願い申し上げます。

武蔵学園は創立以来の教員の三理想を脈々と受け継ぎ、教育に全力を尽くしています。特に自ら調べ自ら考える力、創造力をしっかり身につけさせる努力をしています。その上で国際化の時代世界に雄飛できる力を養成し、日本の優れた文化、東洋の叡智そして西洋の科学的合理精神を体現した人物になるように教育をしております。

またこの美しい武蔵野の面影を残すキャンパスの自然環境と、講堂や根津化学研究所などの歴史的建造物の保全に務め、更に教室や研究室などの新設と整備に全力を尽くす所存です。
武蔵学園が百年記念を契機に教育界の雄として、更に飛躍できるように、皆様の御力添をもう一度お願い申し上げます。

武蔵学園創立百周年に向けて

山嵜学長01

武蔵大学 学長
山㟢哲哉
学園創立以来、社会が大きく変貌したにもかかわらず、「建学の三理想」が現代の社会にまさしく適合していることに驚かざるをえません。今、大学をとりまく環境は厳しさを増し、大学のあり方が大きく問われています。

武蔵大学は、「自ら調べ自ら考える力がある人物」を育成する少人数教育の新たな展開を図るなどこの課題に取り組んでいますが、今後も「三理想」の精神を踏まえた改革を進めることで、途が切り拓かれると確信しています。

また学園創立百周年は、高等学校・中学校と大学が旧制武蔵高等学校以来の伝統と「三理想」を共有することの意味を確かめ、互いの協力をさらに進める良い機会です。百周年記念事業のなかで両者の結びつきがさらに着実なものとなることは、武蔵大学の今後の発展のためにもすばらしいことと言えます。

百周年記念事業によって学園のキャンパスが整備され、そのもとで「三理想」をさらに推し進める武蔵学園の新たな百年が始まること強く期待しています。そのために武蔵大学は全力を尽くしてまいります。皆様方のご協力を宜しくお願いいたします。

梶取 弘昌

武蔵高等学校中学校 校長
梶取 弘昌
2011年3月11日に起きた東日本大震災は、私達にとって象徴的な出来事でした。日本もまさに今、大きな地殻変動を行いつつある時期であると言えると思います。戦後、私達が歩んできた道が本当に正しかったのかどうかが問われています。もうすぐ90周年、100周年を迎えようとしている武蔵も、今後どのように歩むべきかが問われています。今年の入学式で生徒たちに、「武蔵は良い学校だと思いますか?」と問いかけました。私自身、良い学校だと信じていますし、生徒諸君にもそう思ってほしいとも思っているのですが、伝統を守るという姿勢だけではだめだと、生徒に語りたかったのです。

私達の生命は日々刻々と変化し続けています。変化することで変わらない自己がいます。武蔵も同様です。今までの伝統に安住していては未来はありません。武蔵は生徒と教職員がひとつとなって築き上げるものです。一人一人が自己を高め、世界と繋がっていけば、道は開けます。大学との連携、海外の提携校との連携を通し、また卒業生の皆様と繋がることで世界に向けての発信もできると確信しています。
to-top